T-PEC

なぜ「コールセンター」なのか

患者の行動変容や課題解決を「リアルな対応」で
促します。

製薬会社各社にて、『疾患啓発』がマスメディアやWebサイトを通じ行われる機会が増えています。
しかし、患者の立場になると受診への行動はスムーズに行えていないこともあります。

例えば、疾患啓発のWebサイトのアクセス数は伸びたけど、肝心の処方件数が伸び悩むなど、

正確な疾患情報や、病院情報を伝えても素直に受診される患者は
思いのほか少ない。

受診ハードルは意外と高く、後押しが必要な患者もいる

  • 排泄・性病….. 恥ずかしい診断されたくない。
  • 皮膚疾患….. なかなか治らない。症状も収まったし。
  • 慢性疾患….. 自覚症状もないし、前の先生と合わない。
適切な受診の壁は想像以上に高い
適切な受診の壁

ティーペック メディカルコールセンターが対応することで

患者プロモーションにおけるメディカルコールセンターの
役割として、患者さんの受診の後押しをします。
メディカルコールセンター
  • しっかりと傾聴し、精神的ケアを行う
  • 患者さんが病気の誤認識をしないよう、基本情報の説明を行う
  • 症状を確認しメカニズムを説明することで、不安解消に繋げる
  • 受診すべき適切な科目・病院の案内を行う
正しい疾患情報・治療情報の提供ができる

疾患啓発のWEBサイトを見た患者に対し、さらなる疑問に対するフォロー、個別の疑問に対するフォローなど、
一方通行ではない、双方向の対応を行います。
さらに保健師・看護師資格を有した専門スタッフが、即時での対応を行います。

適切な医療機関の情報提供ができる

疾患啓発プラス電話フォローで、正しい疾患情報・治療情報の提供を行い、適切な医療機関の情報提供を行います。
受診への壁を取り払うことで、適切な治療へと導きます。

「疾患啓発サービス」と「患者サポートサービス」で
患者を適切に支援していきます
受診・治療への行動変容ステージモデル

弊社サービスにご関心のある方は、
お気軽にご相談ください

お問い合わせフォームへ