T-PEC お問合せはこちらから
トップページ 会社概要 サービス 採用情報 サイトマップ
トップページ > ティーペック健康ニュース > 骨粗しょう症の予防 〜骨を強くする食事

ティーペック健康ニュース

第83号 1999/10/10  
監修:東京医科歯科大学 医動物学教室
山田 誠一

骨粗しょう症の予防 〜骨を強くする食事〜

私達の骨量は、体の成長が終わる15〜18才くらいまでに、ほぼ増加を終えます。骨量は20〜30才前後にピークを迎え、「最大骨量」となります。 その後40才くらいまでは、それ程変化しませんが、加齢とともに低下していき「骨粗しょう症」になりやすくなります。(特に女性は閉経以降、 女性ホルモンの働きが低下し、骨量の減少が加速します)骨粗しょう症になると、腰痛・脊椎の変形や骨折をしやすくなり、また寝たきりの原因にもなります。

骨粗しょう症を予防するためには、まず若いうちに最大骨量を増やしておくことが大切です。さらに骨量が減少する年代になったら、 食生活生活習慣に注意し、骨量の減少を押さえる必要があります。今回は、骨を強くするための食事を中心に説明します。
 カルシウムの働き
カルシウムは骨の強度を保つ上で欠かせない成分で、体内のカルシウムの 99%は骨に含まれています。血液中のカルシウム濃度は一定に保たれていますが、カルシウムの摂取量が少ないと、血液中のカルシウム濃度を保つため に骨のカルシウムが使われ、骨が弱くなってしまいます。
 カルシウムの所要量
厚生省が定めたカルシウムの1日所要量は30才以上の男女では 600mgです(妊婦900mg、授乳婦1100mg、成長期男900mg・女700mg)。しかし、日本人のカルシウム摂取量は1日平均約570mgと言われています。 骨粗しょう症を防ぐためには、カルシウムを所要量以上に摂取するのが望ましいと言われています。
 カルシウムの栄養を助ける栄養素
骨粗しょう症の予防には、摂取したカルシウムが効率よく吸収されるかどうかが大事なポイントとなります。カルシウムの他に、ビタミンD・ビタミンK・マグネシウム・たんぱく質などの栄養素をバランスよく摂ることが大切です。
 食事のポイント
乳製品を意識的に摂る
カルシウム不足の原因として、カルシウム源を野菜や小魚に頼り、乳製品が不足していることがあげられます。牛乳などの乳製品にはカルシウムが多く 含まれており、しかも吸収がよいと言われています。牛乳以外にも、脱脂粉乳を料理に利用するなどして、意識的に取り入れましょう。 牛乳を飲むと下痢をする「乳糖不耐症」の人は、乳糖が分解されているチーズやヨーグルトなどを利用しましょう。
大豆製品の利用
カルシウムは豆腐・納豆などの大豆製品に、多く含まれています。大豆製品は種類が多いので、乳製品が苦手という人も手軽に摂れるカルシウム源となります。
ビタミンDでカルシウムの吸収を高める
ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する働きがあります。ビタミンDは日光浴により、 体内で合成することができ、食品では魚介類・きくらげ・しいたけなどに多く含まれます。カルシウム源と一緒にビタミンDを摂ると、吸収が高まります。

カルシウム・ビタミンD・マグネシウムを多く含む食品を表にしましたので、参考にしてください。
《カルシウムを多く含む食品》
食品名 100g中含有量
(mg)
食品名 100g中含有量
(mg)
いわし丸干し 1400 木綿豆腐 120
わかさぎ 750 納豆 90
煮干し 2200 練り豆腐 590
シラス干し 530 牛乳 100
小松菜 290 脱脂粉乳 1100
切干大根 470 無糖練乳 270
ひじき 1400 プロセスチーズ 630
ヨーグルト 110
《ビタミンDを多く含む食品》
食品名 100g中含有量
(IU)
さんま 440
かれい 920
生さけ切り身 1300
干ししいたけ 640
干しきくらげ 16000
《マグネシウムを多く含む食品》
食品名 100g中含有量
(mg)
食品名 100g中含有量
(mg)
あじ 30 落花生 200
まぐろ 45 アーモンド 290
かき(貝) 70 カシューナッツ 240
枝豆 60 大豆 220
バナナ 34 小豆 120
ほうれん草 70 いんげん豆 150
マグネシウム不足を防ぐ
マグネシウムが不足すると、カルシウムの働きに影響を及ぼし、骨によくありません。マグネシウムは大量に摂取するのではなく、カルシウム 2に対してマグネシウム1くらいの量が望ましいと言われています。
リンの摂りすぎに注意
リンが過剰になると、カルシウムの吸収が悪くなります。加工食品の添加物にはリンが多く使われていますので、加工食品やインスタント食品 ばかりに偏らないようにしましょう。
骨の形成に関わる他の栄養素
たんぱく質を構成するアミノ酸には、カルシウムの吸収を促進する働きがあります。また、ビタミンKはカルシウムの骨への沈着に深く関わっています。 カルシウムだけではなく、栄養のバランスのよい食事を心がけた上で、カルシウムをできるだけたくさん摂取することが大切です。
サルモネラ
家畜などの腸管にいます。最近は卵から感染するケースが多発しています。

 最後に
骨の形成には、外から力が加わることが必要です。日頃から運動をせず、 骨に負荷をかけていないと骨は弱くなってしまいます。屋外に出る運動では、日光浴もでき、ビタミンDの合成も促進されます。 食生活とともに適度な運動も心がけましょう。
◇   ◇   ◇
<参考文献>
「日本人の栄養所要量 食事摂取基準」 健康・栄養情報研究会
「ビジュアル食品成分表」 (椛蜿C館書店
「国民衛生の動向」 厚生統計協会
目的別インデックス 発行年月日から選ぶ 診療科目から選ぶ 季節の話題から選ぶ
お問い合わせ ページのトップへ

健康サポート

セカンドオピニオンサービス
生活習慣病受診サポートサービス
24時間電話健康相談
簡易認知機能確認スケール
「あたまの健康チェック」
Eメール健康相談
個人向け健康医療サービス
海外総合医療サービス
健診サポーター

こころサポート

メンタルヘルスカウンセリング
こころの専門医
セカンドオピニオンサービス
法律相談
T-PECストレスチェック
こころのサポーター・スカットエース
定期訪問カウンセリング
惨事のこころのケア(CISM)

組織/人事労務へのサポート

集団禁煙プログラム
人事・労務担当者向け相談
研修
メンタルヘルスセミナー
ハラスメント相談
コンプライアンス通報・相談

メディカルコンテンツ

医療機関データベース
健康関連コンテンツ

ご利用者様コーナー(会員用)

セカンドオピニオンサービス
メンタルヘルスカウンセリング
個人向け健康医療サービス

Q&A

サービスQ&A
用語集

トピックス

メンタルヘルス相談分析
ティーペック健康ニュース
ティーペックEAPニュース

トップページ会社概要サービス採用情報サイトマップ

ご利用にあたって個人情報保護ポリシー

Copyright(C) 2008 T-PEC CORPORATION All Rights Reserved.