T-PEC

健康ニュース

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

熱中症 ~ティーペック健康ニュース

監修:東京医科歯科大学 内科
林 栄治

夏は野外活動やスポーツイベントを楽しむ季節です。
しかし、ちょっとした不注意から命の危険につながることがあります。それが熱中症です。
昨年も猛暑となり、多くの方が病院へ運ばれました。
大変な事態に陥らないために、適切な心がけを実践しましょう。

熱中症とは

暑い環境の下で脱水症状が進み、発汗機能も損なわれることで生じる障害です。

発症しやすい環境

炎天下でのスポーツや屋内でのスポーツ
特に死亡例が多いのが、野球・サッカー・ラグビーや柔道・剣道です。
夏合宿の登山でも危険はあります。

気温が30度を超えても冷房をしていない部屋
特にお年寄りの場合は、温度にたいする感覚が鈍っているので要注意です。

車の中に幼児が残されて発症する事件も多く起こっています。

熱中症の症状

1.熱疲労
脱水によって頭痛や吐き気やめまいが起きる状態。

2.熱失神
皮膚血管が広がって血圧が下がり、脈拍が弱くなった状態。

3.熱けいれん
体内の塩分不足から、足や腕などの筋肉がけいれんする状態。

4.熱射病
生理機能の司令等である脳に障害があらわれた状態。最も危険な状態で、呼んでも返事をしない、呂律が回らない、意識がないという状態。

予防するためには

気温が28℃以上の環境では、少なくとも30分ごとに休憩を取り、水やナトリウム・カリウムなどの電解質を含むスポーツ飲料を飲むことが大切です。
※特に部活など先輩後輩の人間関係が強く影響する場合には、指導者が率先して環境を整えることが必要です。

木陰で休憩したり、エアコンで室温を調節したりして、体温の上昇を防ぐことも大切です。

発症してしまったら
  • 風通しの良い場所で着衣をゆるめ、足を高くして寝かせる。
  • 首筋・わき・心臓部を冷やす。
  • 冷水・薄い食塩水・スポーツドリンクを多く飲ませる。ただし、意識のない時は窒息する恐れがあるので飲ませない。

※疲労感・頭痛などの症状が重い時や、意識混濁があり熱射病が疑われる時は、多臓器不全から死に至る危険性もあるので救急車を呼びましょう!


救急車が来るまでの間は、服を脱がし、濡れタオルを体にかけて、できるだけ体温を下げることが肝心です。

大事にいたらせないためには

いったん回復したように見えても、全身の機能障害を起こしていることもあるため、病院を受診しましょう。

<参考文献>
「今日の治療指針2001」 医学書院
「マイドクター」 講談社

弊社サービスにご関心のある方は、
お気軽にご相談ください

お問い合わせフォームへ