T-PEC お問合せはこちらから
トップページ 会社概要 サービス 採用情報 サイトマップ
トップページ > ティーペック健康ニュース > めまいから考えられる病気

ティーペック健康ニュース

第138号 2004/5/7  
監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院総合診療科
 小林 暁子

『めまいから考えられる病気』

日々の電話相談の中で、『めまい』に関するご質問をお受けすることがよくあります。めまいを起こす原因が、脳梗塞などの急を要するものから、過労やストレスによるものまで、多岐にわたっているため、受診すべきかどうか、どの科を受診すればよいかなど、判断に迷われることが多いからでしょう。そこで今回は、めまいから考えられる病気にはどういうものがあるかに焦点をあててご説明させて頂きます。
 1.めまいの起こるしくみ
めまいは、体のバランス(平衡)がとりにくくなるために起こる症状です。通常であれば、目、耳、筋肉、関節などで集められた体の位置や動きに関する情報を脳が統合し、体の各部に指令を出すことで体のバランスが保たれていますが、それらのどこか一部に異常が起こると、バランスが保てずにめまいが起こってくるのです。

めまいの原因として最も多いのは耳(内耳)の病気です。耳は外側から、外耳、中耳、内耳と3つに分けられますが、内耳にある、バランスの情報をキャッチする「三半規管」や「耳石器」という器官や、その情報を脳へ伝える「前庭神経」などが障害されうまく働かなくなることで起こることが多いです。また、脳の病気では多くの場合、バランスに関する情報が集まる「脳幹」や「小脳」への血流が悪化し、その働きが低下することで起こります。
 2.めまいのタイプ
大きく分けると、自分や周囲の景色が回って見える「回転性めまい」、足が地につかずふわふわ・ふらふらと感じる「非回転性めまい」、立ち上がった時などに目の前が暗くなった感じがする「立ちくらみ」の3つがあります。回転性、非回転性めまいは、耳や脳などの病気で、また立ちくらみは、自律神経の乱れや、貧血などの全身的な病気で起こりやすいようです。
 3.めまいに伴いやすい症状と考えられるおもな病気
めまいの強さと病気の重さとは、必ずしも一致しません。どのようなめまいかということも大切ですが、重要なのはめまいに伴ってどういった症状が起こっているかということです。
めまいの原因にかかわらず多くの場合に伴う症状は悪心や嘔吐です。また耳からのめまいの場合には、難聴や耳鳴り、耳閉感など聴覚の症状を、脳からの場合には手足のしびれや舌のもつれなどを伴うことがよくあります。

伴いやすい症状やめまいの様子などから、考えられる病気、診療科目を下表にまとめてみました。
おおまかな目安としてご利用下さい。
伴いやすい症状 めまいの様子 その他の特徴 考えられる病気 診療科目
めまいのみ、
又は、嘔気
頭や首を動かした時に起こるが数分以内に治まる。回転性・非回転性有 同じ頭の位置をとることでめまいを誘発できる。 良性発作性頭位めまい症(BPPV)
※めまいの原因として最多の病気

耳鼻咽喉科
または
めまい外来

(神経耳科・平衡神経科でもよい)

強い嘔気 突然の激しい回転性めまいが2、3週間持続する 風邪などのウイルス感染後に起こりやすい 前庭神経炎

耳鳴り、難聴
耳閉感

+顔面神経麻痺

回転性めまい発作を繰返す(非回転性の場合も有) 発作を繰返す度に聴力が低下する。
ストレスの影響有
メニエール病
回転性・非回転性めまいが約半数に起こる 片耳の突然の難聴で起こる 突発性難聴
回転性・非回転性めまいどちらも有 慢性中耳炎から起こることが多い 内耳炎
軽い非回転性めまいが多い 症状は徐々に進む 聴神経腫瘍 耳鼻咽喉科
または
脳神経外科
手や腕のしびれ 首を回したり反らした時に起こるが数分以内で治まる 同じ首の動きをとることでめまいを誘発できる 頸性めまい
(変形性頚椎症や
むちうち症など)
整形外科
動悸、息切れ 立ちくらみ・非回転性めまいが多い   貧血 内科
倦怠感、肩こり、頭痛等様々な症状 ストレス・ホルモンの乱れの影響有 起立性低血圧
自律神経失調症
内科または
心療内科

めまいのみ、
又は手足の
しびれ・麻痺、言語・視力障害

+強い
頭痛、嘔気

首を回したり反らした時に起こるが数分以内で治まる 同じ首の動きをとることでめまいを誘発できる 椎骨脳底動脈循環不全症(動脈硬化によるもの) 神経内科
または
脳神経外科
回転性・非回転性めまいのどちらもある 数分〜24時間以内に症状が治まる 一過性脳虚血発作
(TIA)
症状は持続あるいは悪化する 脳梗塞
(小脳・脳幹)
脳出血
(小脳・脳幹)
脳の病気や突発性難聴が疑われる場合は、早急に受診が必要ですが、それ以外でもめまいが起こっているときに受診した方が的確な診断につながります。「過労のせいかも」などと放置してしまわず、一度は受診し原因を確かめておかれることをお勧めいたします。
◇   ◇   ◇
<参考文献>
「臨床神経内科学 第4版」 南山堂
「めまいで悩む人に〜きょうの健康シリーズ」 NHK出版 他
「めまいの診察室」 中央書院
目的別インデックス 発行年月日から選ぶ 診療科目から選ぶ 季節の話題から選ぶ
お問い合わせ ページのトップへ

健康サポート

セカンドオピニオンサービス
生活習慣病受診サポートサービス
24時間電話健康相談
簡易認知機能確認スケール
「あたまの健康チェック」
Eメール健康相談
個人向け健康医療サービス
海外総合医療サービス
健診サポーター

こころサポート

メンタルヘルスカウンセリング
こころの専門医
セカンドオピニオンサービス
法律相談
T-PECストレスチェック
こころのサポーター・スカットエース
定期訪問カウンセリング
惨事のこころのケア(CISM)

組織/人事労務へのサポート

集団禁煙プログラム
人事・労務担当者向け相談
研修
メンタルヘルスセミナー
ハラスメント相談
コンプライアンス通報・相談

メディカルコンテンツ

医療機関データベース
健康関連コンテンツ

ご利用者様コーナー(会員用)

セカンドオピニオンサービス
メンタルヘルスカウンセリング
個人向け健康医療サービス

Q&A

サービスQ&A
用語集

トピックス

メンタルヘルス相談分析
ティーペック健康ニュース
ティーペックEAPニュース

トップページ会社概要サービス採用情報サイトマップ

ご利用にあたって個人情報保護ポリシー

Copyright(C) 2008 T-PEC CORPORATION All Rights Reserved.