T-PEC お問合せはこちらから
トップページ 会社概要 サービス 採用情報 サイトマップ
トップページ > ティーペック健康ニュース > 健康診断を活用するために

ティーペック健康ニュース

第92号 2000/7/10  
監修:東京医科歯科大学 医動物学教室
山田 誠一

健康診断を活用するために

近年、健康への関心が高まり、健康診断や人間ドックを受ける人が増えています。
健康診断は、病気の予防や早期発見に大変役立つものですが、受けただけで安心している人も多いのではないでしょうか。健康診断を有効に活用できるための考え方について今回はお話ししたいと思います。
 主な検査の基準値
まず、主な項目の基準値をあげてみました。
基準値は検査に使った機器や試薬によって多少違いが出るので、各医療機関で異なる場合があります。
検査項目 基準値 検査項目 基準値
脂質代謝 血液
総コレステロール
T-chol
120〜220mg/dl 赤血球
RBC
男410万〜530万個/mm3
女380万〜480万個/mm3
HDLコレステロール
HDL-chol
40〜70mg/dl ヘモグロビン
Hb
男14〜18g/dl
女12〜16g/dl
LDLコレステロール
LDL-chol
70〜139mg/dl ヘマトクリット
Ht
男40〜50%
女35〜45%
中性脂肪
TG
50〜149mg/dl 白血球
WBC
4000〜9000個/mm3
肝膵機能 血小板
PLT
15万〜40万個/mm3
ZTT 3〜14単位 血清カルシウム
Ca
8.6〜10.1mg/dl
AST
GOT
10〜34単位 MCV 84〜99fl
ALT
GPT
5〜46単位 MCH 26〜32pg
γ-GTP 男8〜61単位
女5〜24単位
MCHC 32〜36%
ALP 男102〜249単位
女82〜211単位
糖代謝
総ビリルビン
T-Bill
0.3〜1.2mg/dl 空腹時血糖 70〜110mg/dl未満
尿ウロビリノーゲン 弱陽性
(±)
HbA1C 4.6〜6.5%
総たんぱく
TP
6.5〜8.1g/dl 尿酸
アルブミン
Alb
4.1〜5.1g/dl 尿酸
UA
3〜8mg/dl
HBs抗原 陰性
(-)
腎尿路系
HBs抗体 陰性
(-)
尿潜血 陰性
(-)
HCV抗体 陰性
(-)
尿たんぱく 陰性
(-)
アミラーゼ
AMY
血清42〜144単位
尿130〜950単位
クレアチニン
Crea
0.7〜1.3mg/dl
炎症反応 尿素窒素
BUN
8〜20mg/dl
CRP 陰性
または0.6mg/dl以下
 検査結果は万能ではありません
健康診断は、体に潜んでいる病気を早期発見することに役立ちますが、すべての病気を発見できるわけではありません。また、検査の基準値も絶対的なものではなく、正常な人の95%が当てはまる数値なので、5%の人は当てはまらないことになります。検査値が基準からはずれているからといって、すぐに病気だと思い込むのではなく、医療機関を受診して、生活習慣の問題を含めて原因を明らかにするようにしましょう。
 体調で検査値は変わります
検査値は、その時の体調によっても左右されます。飲酒・睡眠不足・激しい運動・精神的なストレスなどの影響を受けますし、風邪や傷の化膿などでも変化します。また、検査前に食事をとると、血糖値や中性脂肪値は高い値が出ます。検査前の注意事項はきちんと守るようにしましょう。

良い結果を出そうと1週間前から節制に努める人もいますが、潜んでいる危険因子を見逃すことにもなりかねません。

健康診断は基本的には体調のよい時に、普段通りの生活で受けることが大切です。
 一項目だけで一喜一憂せず、結果は総合的にとらえましょう
受診者は検査結果を受け取ると、一つ一つの項目で一喜一憂しがちですが、一つの項目だけで病気かどうか判断するのは難しいものです。病気を診断する為には、いくつもの検査データを合わせて、医師が総合的に判断することが必要です。
 異常が発見されたら必ず指示に従いましょう
異常を示す検査値が出て再検査が必要と指示されても、体調が悪かっただけだろうと勝手に自己判断したり、忙しい、恐いなどの理由をつけて放置してしまう人がいます。これではせっかく健康診断を受けても意味がありません。再検査を指示された場合はきちんと受ける様にしましょう。

また、結果がすべて正常でも安心は禁物です。今回の結果がこれから先の健康を保証してくれるわけではないからです。

1年〜半年に1回は検診を受けるようにして、自分のデータの推移をみていくことが大切でしょう。
 結果は保存しておきましょう
先にもお話しした様に検査データは過去と現在を比較することで体調の変化や、今後どの様な病気に注意すればよいのかが分かってきます。その為にも結果は保存しておくようにしましょう。
◇   ◇   ◇
<参考文献>
「新臨床内科学」 医学書院
「心電図の理解とトレーニング」 へるす出版
目的別インデックス 発行年月日から選ぶ 診療科目から選ぶ 季節の話題から選ぶ
お問い合わせ ページのトップへ

健康サポート

セカンドオピニオンサービス
生活習慣病受診サポートサービス
24時間電話健康相談
簡易認知機能確認スケール
「あたまの健康チェック」
Eメール健康相談
個人向け健康医療サービス
海外総合医療サービス
健診サポーター

こころサポート

メンタルヘルスカウンセリング
こころの専門医
セカンドオピニオンサービス
法律相談
T-PECストレスチェック
こころのサポーター・スカットエース
定期訪問カウンセリング
惨事のこころのケア(CISM)

組織/人事労務へのサポート

集団禁煙プログラム
人事・労務担当者向け相談
研修
メンタルヘルスセミナー
ハラスメント相談
コンプライアンス通報・相談

メディカルコンテンツ

医療機関データベース
健康関連コンテンツ

ご利用者様コーナー(会員用)

セカンドオピニオンサービス
メンタルヘルスカウンセリング
個人向け健康医療サービス

Q&A

サービスQ&A
用語集

トピックス

メンタルヘルス相談分析
ティーペック健康ニュース
ティーペックEAPニュース

トップページ会社概要サービス採用情報サイトマップ

ご利用にあたって個人情報保護ポリシー

Copyright(C) 2008 T-PEC CORPORATION All Rights Reserved.