T-PEC お問合せはこちらから
トップページ 会社概要 サービス 採用情報 サイトマップ
トップページ > ティーペック健康ニュース > 健康診断における心電図所見

ティーペック健康ニュース

第91号 2000/6/10  
監修:東京医科歯科大学 医動物学教室
山田 誠一

健康診断における心電図所見

多くの方が、今までに一度は『心電図検査』をお受けになっていると思いますが、所見の所に見たことも聞いたこともない、難しい漢字や略号が並んでいたことはありませんか?中には8‐9‐0、わずかな異常を認めますが日常生活に支障はありません、と数字が記載されてるケースもあり、今回はちょっとアカデミックに心電図のお話しをしたいと思います。
 心臓って?
中央よりやや左側に位置し、重さは200〜300 g程の筋肉の固まりで、1分間に70回前後の頻度で電気刺激を発生し、それが休むことなく規則正しく心臓全体に伝えられます。そしてこの刺激を受けて心臓は縮んだり膨らんだりして、血液を身体のすみずみまで送り出すポンプのような仕事をしています。
 心電図とは?
心臓が収縮するたびに発生する弱い電気を、身体の表面につけた電極を介して検出し、波形として記録をしたもの心電図です。
初めてこの検査を受ける方に、「ビリビリきませんか?」と何回か尋ねられたことがありますが、痛くも痒くもなく、副作用も危険もありませんので安心してお受け下さい。
 心電図から何がわかるの?
1.心臓の位置、軸の変化
2.心筋の異常の判定(心筋梗塞、狭心症、心臓肥大、心筋炎、等)
3.不整脈
4.電解質の異常
5.特殊な薬の効果、副作用の推定の手がかり、治療方針の決定(主に心臓の薬)
6.自律神経系の緊張状態の変化
7.心臓病の予後の判定
8.その他
 結構診断での心電図
さて、やっと本題にたどりつきましたが、健康診断の現場での多くは、心電図をとった後に自動解析装置が直ちに解析を行い、いわゆる正常範囲内でも事細かに解析結果を打ち出します。そして、必ず医師が心電図の波形と解析結果を見て総合判定(異常なしとか、再検査を受けるようにというコメント)を行います。また、その際にコンピューターによる解析結果をそのままコメントに出している所もあるため、聞きなれない専門用語が成績表に記載されていることがあるのです。もちろん、これらの所見は今の心臓の状態を表していて、総合判定で様子を見ていいという所見であれば、あまり心配はいらない、大丈夫ですよ、と言われます。もし再検査の指示があった場合では、病気があるかもしれないので詳しく調べてみましょう、ということを言われます。

また数字が並んでいるのはミネソタコードといって世界共通の分類コードで、本来は疫学的調査のために作られたものです。このコードは臨床の現場ではほとんど使われていませんが、集団検診などのスクリーニング目的では大量のデータを処理するのに有用で、心電図の機械に組み込まれているものが多いのです。

ちなみに、冒頭に記しました8‐9‐0とは、 洞性 (どうせい)不整脈といって、呼吸に伴う不整脈で、年齢が若いほど顕著に見られる生理的現象を捕らえています。
 それではなぜ正常範囲なのに所見が入っているの?
心臓以外にも心電図所見に変化を与える要素がいくつかあります。

身体的要因…年齢 性別 体格 胸郭の形 体位
薬(強心薬のジギタリス等)を飲んでいないか
発熱、貧血等の異常はないか
甲状腺などの代謝性の病気はないか
肺の病気はないか
緊張して身体に力が入ってしまう等
その他の要因…電極のつけ間違い 記録紙のはり間違い
機械の設定違いノイズの混入 アースの不良等

自動解析で何らかの所見が出たとしても、医師は診察の際に、自覚症状を参考に、心臓の音を聞き、レントゲンや血液検査の結果を総合的に判断して判定を行います。その結果、日常生活に何ら問題がなければ“大丈夫”ということになるのです。心電図での自動解析はあくまでもスクリーニングをするだけのものとお考え下さい。
 終わりに
いろいろと難しい事を書かせて頂きましたが、御参考になりましたでしょうか?
それでは次回の心電図検査をどうぞ楽しみにお待ち下さい。
(自分の心臓の大きさがわかるともっと楽しいのでしょうけど?!)
◇   ◇   ◇
<参考文献>
「新臨床内科学」 医学書院
「心電図の理解とトレーニング」 へるす出版
目的別インデックス 発行年月日から選ぶ 診療科目から選ぶ 季節の話題から選ぶ
お問い合わせ ページのトップへ

健康サポート

セカンドオピニオンサービス
生活習慣病受診サポートサービス
24時間電話健康相談
簡易認知機能確認スケール
「あたまの健康チェック」
Eメール健康相談
個人向け健康医療サービス
海外総合医療サービス
健診サポーター

こころサポート

メンタルヘルスカウンセリング
こころの専門医
セカンドオピニオンサービス
法律相談
T-PECストレスチェック
こころのサポーター・スカットエース
定期訪問カウンセリング
惨事のこころのケア(CISM)

組織/人事労務へのサポート

集団禁煙プログラム
人事・労務担当者向け相談
研修
メンタルヘルスセミナー
ハラスメント相談
コンプライアンス通報・相談

メディカルコンテンツ

医療機関データベース
健康関連コンテンツ

ご利用者様コーナー(会員用)

セカンドオピニオンサービス
メンタルヘルスカウンセリング
個人向け健康医療サービス

Q&A

サービスQ&A
用語集

トピックス

メンタルヘルス相談分析
ティーペック健康ニュース
ティーペックEAPニュース

トップページ会社概要サービス採用情報サイトマップ

ご利用にあたって個人情報保護ポリシー

Copyright(C) 2008 T-PEC CORPORATION All Rights Reserved.